理想の目元を実現

看護師

切開法と埋没法の違い

目元は相手に大きな印象を残します。そのため二重整形の評判を口コミなどで知って施術を受けたい、と希望する人も多くいます。しかし二重整形には施術方法によって2つの種類があるので、施術前に2つの違いを知っておくことを勧めます。1つが切開法と呼ばれるものです。メスでまぶたの一部の脂肪を取り除いて、糸で縫い合わせることで二重を作ります。切開する幅によってさらに部分切開法と全切開法に種類が分かれます。どちらも施術後に抜糸をするので、まぶたの中に糸を残すこともありません。脂肪の切除量や糸を留める場所を調整することで、自分の理想とする形の二重を実現できます。もう1つが埋没法と呼ばれる施術方法です。医療用の極細の糸をまぶたの表と裏に通して、そこにまぶたを留めることで二重を形成します。留める箇所の数によって1点留めから4点留めまでがあります。糸を取り除けばすぐに元のまぶたに戻せるのが最大の特徴で、プチ整形の1つとして料金の安さもあって、口コミでも人気が高まっています。美容整形クリニックは数多くの施術メニューを取り扱っていますが、中でも代表的な施術としてよく知られているのが、二重整形です。クリニックが提供する二重整形施術は以下のような特徴があります。まず二重の効果が長期に渡るため、再施術も基本的に不要なことです。施術方法によって異なりますが、埋没法の場合は3年から5年程度、切開法の場合は半永久的に効果が続きます。アフターフォローが充実しているのも特徴の1つです。口コミでも人気のクリニックは、特に手厚いアフターフォローが用意されている傾向があります。留めていたまぶたが万が一取れた場合の無料再施術や、担当医による術後のアドバイスなどが用意されています。またダウンタイムが短いのも、施術を受ける患者にとっては嬉しい特徴の1つと言えます。特に埋没法の場合は、術後すぐにメイクもできます。このように美容整形クリニックの二重整形は施術が比較的簡単な上に、効果が長く続くためコストパフォーマンスも優れています。しかし目元というデリケートな部分の施術ですので、医師やクリニックの評判や口コミ、サービス内容などをよく調べてから受診する所を決めましょう。

Copyright© 2018 口コミで話題の二重整形がすごい【たるんだ皮膚も一緒に除去する】 All Rights Reserved.